*

音波に 情報乗せて お正月

あけまして、おめでとうございます。

年末、NHKの「ゆく年くる年」をみました。

面白いですね。

自分が変わると、見えるものも、感じることも変わるのだと
改めて感じました。

年末年始ネタのひとつとして、除夜の鐘。

福島の復興現場の一コマとして、
お寺の鐘が年末に間に合い、

復興と平安を刻んだ鐘が・・・

というアナウンスに反応してしまいました。

画面をみると、読み取りきれませんでしたが

鐘には、確かに文字が刻まれていました。

鐘が鳴る。

鐘に刻んだ文字の情報を含んだバイブレーションが、町中に響く。

これって、単純なようで、すごいことじゃないですか?

どこの鐘に、どんな文字が刻まれているのかは
分かりようもないですが、
祈りの音域情報が、地域を包む。

レコードは、音を、振動で刻み、刻んだギザギザ振動で、音を再現します。

鐘の音は、同じように聞こえても、その音に乗っている情報は消えないんだと思います。

例えばラジオ、テレビ波は、その波の上に音声映像の情報波を乗っけて、あとでベースの波を消すという方法をとります。

鐘に書いた文字情報は、鐘の音に乗っていきます。

ちょっと乗っける情報携帯が異なるけど、確かにその固有情報音になっているのではないかと思うんですが、いかがです?

こんなことを考えていたら、マナウォーターの中心部のステンレスパイプに

祈りの言葉を刻んだら、水圧の振動で、水に転写されて、よさそうだなとか・・・

いろいろ浮かんできて面白かったというお話しでした。

マナウォーターの組み立てキットの提供が終了しましたので、

次、いかに、その原理に興味をもってもらいながら、手作りなどの実践へつながる提案ができるか思案中です。

2014年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
ご縁に感謝です。
菅原克行

テネモス方面の話題で新年のご挨拶でした。

auto-KfbWtU auto-n6eVVz

関連記事

マナウォーター水・発根状態

たかが水、されど水。やっぱり水

●2011年11月21日 ヒヤシンスの水栽培を始めました。 「マナウォーターの水」と「普通の水道

記事を読む

no image

お酒が、百薬の長と呼ばれていた頃のお酒。

まさに百薬の長たるお酒ができました。 鹿嶋パラダイスさんの 鹿島神宮のお膝元のエネルギーの高い

記事を読む

no image

どんなときも創造的に生きるやり方

「TPP」の動向はご存知ですか? ちょっと情報に触れると、とんでもない感じがしますよね。

記事を読む

no image

コトダマ・思い実現は、確信力… 船井幸雄先生の書籍より

船井幸雄先生の書籍にて、『いま明かされるコトダマの奥義』(新日本文芸協会刊)が紹介されております。

記事を読む

no image

本質を観る

ありがとうございます。 一昨日は、郡山駅にて貴重な情報交換会となりました。 ありがとうございまし

記事を読む

no image

ヒマラヤ聖者に学ぶ会2010・感謝!

ありがとうございました。 12/23、無事開催することができました。 簡単ではありますが

記事を読む

01物部大連尾輿

「思い出すだけでよい。なぜなら、そこに全てあるから」

『すばらしきかな日本 -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」- 物部尾輿(もののべおこし)編』

記事を読む

no image

やっぱりそうか! 超技術の根底にあるもの・・・

一昨日は、テネモスの飯島理事長に同行させていただいて わたくしの地元、茨城県にある小幡養鶏所さんに

記事を読む

no image

「自分たちで切り開いていく」

先週末は、GOPオーナーの川原さんに呼び掛けいただき、 福島原子力発電所20kmのすぐ横、 田村

記事を読む

no image

母里啓子先生著 「インフルエンザワクチンはいらない」

以下、幸塾MLでの 本の出会い、人との出会い。 人生はご縁。 ご縁に感謝です。 すが

記事を読む

01物部大連尾輿
「思い出すだけでよい。なぜなら、そこに全てあるから」

『すばらしきかな日本 -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」- 

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長
「フリーエネルギー医学会」

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長[/caption] 一昨

大根の違い_min
あの噂の自然児やわはだ大根にびっくり(自然芸術農園より)

       

auto-KfbWtU
音波に 情報乗せて お正月

あけまして、おめでとうございます。 年末、NHKの「ゆく年くる年

futta1372m
空気と電気、やる気、元気も同じですね。

風はなぜ吹くのでしょうか。 高気圧から低気圧へ流れま

→もっと見る

PAGE TOP ↑