*

「フリーエネルギー医学会」

公開日: : 日記

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長

一昨日は、フリーエネルギー医学会、第1回目の会合でした。

自然治癒力を引き起こす根源の世界へ
医療者が学会として公にして臨む場は、
きっと世界で初めてなのではないかと思います。

 

集った方の職種は、

医師、看護師、薬剤師
整体師、代替え医療のプロの方々、
リフレクソロジー
ヨガ
生薬製造者
音楽家
芸術家
映像作家
建築家
建築設備技師
など

そして、ガンをはじめとして
自身の大病を克服された方とそのご家族

という多彩な構成でした。
当日は、医学会の趣意書のところを
医師・齋真一理事長よりお話しいただき、

その後、ラフター(笑い)ヨガにて、場は和み
自己紹介から、医学会の活動をテーマにした座談会と
あっというまの終日プログラムでした。
それぞれの体験と事例を
ひとつのテーブルにのせると、
間違いなく見えてくる現実があります。

確実にある事実として
いまの医療で治療法がないという症状に対しても
回復事例はあるということ。

 

会のなかでお話しのあった、印象的なお話をふたつほど

●胃潰瘍のふたり

小学校の女の先生、お二人が胃潰瘍とのことで、
実績のある生薬を試してもらったところ、お一人はすぐ症状が消え、
もう一人は、なかなか改善されなかった。

この違いを見極めようと、本人たちにお話しを伺っていると、
なかなか改善がみられなかった方は、職場の中に不平不満が溜まっており、
日常でそれを口にすることが出来なかった様子。

その溜まっていたもの(感情?)を吐き出すと、
あっという間に治ってしまった。

症状は結果であって、原因を観ることが大切だと気づかされたとの
体験共有でした。

同じように、反対の例としては、
交通事故などで、保険金がもらえる、もらい続けているような場面で、
「治りたくない」という意識が働いていると、
間違いなく治らないという体験もされていらっしゃるとのことでした。

 

●小児病棟で起こった奇跡

生後9ケ月で、DNA欠損などの障害があると思われる赤ちゃんは、
腸からの栄養吸収ができず、ガリガリの白髪で、まゆげまで白かったといいます。
検査では、目も見えず、耳も聞こえずという結果でした。

この症状をお母さんに、隠さず伝える場面がきました。
しかしお母さんは、その後も、限られた面会時間に、
笑顔で絵本の読み聞かせをされ続けました。

そして半年後、奇跡が起きました。
赤ちゃんの腸が動き出したのです。
腸からの栄養吸収が認められ、その後無事退院していきました。

小児病棟で、その赤ちゃんを担当した看護師さんからの体験共有でした。
思わず、会場中に拍手がわき、目頭を熱くする方もいました。

 

このような、常識にとどまらない実体験を共有しつづけていると、
その常識の外側の無限の可能性を感じざるを得ません。

見えないエネルギー、こころの力が主で、
体や、症状、見える結果が従。

 

「フリーエネルギー医学会」の存在、

どうぞ知っておいてください。
そうそう、会終了後に、
齋理事長がポロッとお話しされた内容に
ドキッとさせられました。
「医学生の教科書には、

○○病の治療法は確立されていないと書かれていて、

それを勉強していると、

○○病は、治らない病気と思いこんでいるのだけど、

正確には、

○○病の治療法は確立されていない。

ただし、完治する場合もある。

と書かなくちゃ正しくないんですよね」

と。

相当、教科書で刷り込みされた
思い込みの、こころの力が、はたらいているだろうと。
医療の場面に限らず、自ら限定したものの観方に
気づかず陥っていること、ほとんどなのかもしれませんね。
そんな齋先生は、医師として社会に出る場面で、
四国のお遍路体験をし、そこでの出会いの数々に、
ことごとく医者の教科書を覆された体験をお持ちなんです。

本当におもしろい時代ですね。

菅原は、こちらの医学会も事務局として参画させていただくことになりました。

これまでの活動とあわせて、医療方面のプロジェクトとして、
どうぞよろしくお願いします。

○フリーエネルギー医学会
http://wfmed.org/

関連記事

no image

常識の枠を超えて

一昨日4月17日 生体エネルギーや農業を学ばせていただいている 猪野尾信さんからお話伺いました。

記事を読む

futta1372m

空気と電気、やる気、元気も同じですね。

風はなぜ吹くのでしょうか。 高気圧から低気圧へ流れます。 気圧の高いところか

記事を読む

no image

11/5 福島市へ参ります!

チャリティ・福島特別講演2011 大下伸悦   以下、大下伸悦さんより

記事を読む

マナウォーター水・発根状態

たかが水、されど水。やっぱり水

●2011年11月21日 ヒヤシンスの水栽培を始めました。 「マナウォーターの水」と「普通の水道

記事を読む

no image

船井幸雄先生から開催へ向けてのメッセージ

新春の集い2011開催にむけて、船井幸雄先生からいただいたメッセージを改めてご紹介。 ------

記事を読む

101112_0816

寺田本家のお酒 醍醐のしずく

[/caption] 鎌倉時代から江戸時代まで盛んにつくられていた醸造法とは…

記事を読む

no image

11月マヤとの邂逅

はずかしながら、漠然と終末思想や 2012年、そして2011年10月28日の情報を受け取っていまし

記事を読む

no image

宣言します!

一昨日5/31もテネモスミーティングに参加してきました。 更なる気付きと最新情報をいただいてきまし

記事を読む

no image

Ustream(ユーストリーム)インターネットテレビへ

フロンティアショップTV 第1回~菅原 克行(すがわら かつゆき)さん フロンティアショップが

記事を読む

no image

いま改めて、天命、使命を感じる

ご縁に感謝です。 ご縁によって、成長させていただいている。 ご縁によって、いのちが輝

記事を読む

01物部大連尾輿
「思い出すだけでよい。なぜなら、そこに全てあるから」

『すばらしきかな日本 -伊勢神宮の神域に遺された「知られざる神宝」- 

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長
「フリーエネルギー医学会」

フリーエネルギー医学会 齋真一理事長[/caption] 一昨

大根の違い_min
あの噂の自然児やわはだ大根にびっくり(自然芸術農園より)

       

auto-KfbWtU
音波に 情報乗せて お正月

あけまして、おめでとうございます。 年末、NHKの「ゆく年くる年

futta1372m
空気と電気、やる気、元気も同じですね。

風はなぜ吹くのでしょうか。 高気圧から低気圧へ流れま

→もっと見る

PAGE TOP ↑