輝く未来へ! テネモス製 空気清浄機、活水器(マナウォーター)の製品、実践事例ご紹介(提供・自然芸術建築研究所/えばぁプロデュース)

yakushima_pj

世界遺産・屋久島プロジェクト

2012年の3月、屋久島の青年が、テネモスの事務所を訪れたことから始まりました。
屋久島は世界遺産の島ですが、観光客の増加で環境汚染が
進んでいて、トイレの問題等解決していきたいというのが目的でした。

屋久島から循環していく仕組みを出していきたい、
「本当の意味でのフリーエネルギーの島、世界遺産の島にしていきたい」
という気持ちに共感し、同3月に屋久島を訪れることになりました。

屋久島

屋久島に行って、驚いたのは、水の品質です。
一般家庭でも、沢の水をひいて生活用水として使っているそうです。
その青年は、夏場は近くの沢がお風呂代わりで、沢に入りながら
がぶがぶ水を飲んでいるそうです。
最初聞いたときは、冗談かと思いましたが、実際に行ってみて納得しました。
そして、屋久島には何千年も生きている縄文杉を生かしている土壌(微生物)があります。
当初は屋久島での培養設備の予定はありませんでしたが、これはすごいということになり、また、屋久島の若者たちも是非やってみたいということで、その場で培養設備を作っていくことが決まりました。

立派な培養小屋が完成

 そして、培養を行う建物も、自分たちで、屋久島の杉を使って
手作りで作りたいということで、手作りの立派な培養小屋が完成しました。
使うエネルギーも自然エネルギーにこだわり、ソーラーパネルを
設置しました。

ソーラーパネル マナウォーター 屋久島メンバー 
そしてこのたび、
屋久島プロジェクト第一弾の屋久島の天然水(酵素水)が生まれました。

 屋久島には、すばらしい自然がありますが、それを生かしているのは、微生物たちです。

『屋久島の天然水』には、屋久島の自然を生かしている原因の世界を司る微生物が生きています。

「屋久島の天然水」

『屋久島の天然水 ~屋久島の名水を生きた状態でお届けします』

世界一の名水といっても過言ではない屋久島の天然の水
使ってつくりました。
使う電気も、自然エネルギーにこだわっています。
自然法則に従って、屋久島の自然を生かして
作った酵素水です。

生きた状態とは、物質を建設していくサイクルのことです。
これを吸引サイクルといいます。
屋久島の天然水は、この吸引サイクルのしくみで構成
されています。

生きたサイクルにするという知恵を日常生活にとりいれ実感して
みてください!

(使い方の一例と、お客様の声より)

◎美容、お手入れに
 ・化粧水として使っている。肌がいきいきしっとりしてきた。
 ・顏と手に塗ってみましたら、5分ほどでツルツルしっとりになりました。
  時間が経つと顏のたるみ、豊齢線が目立たなくなった気がします。
 ・日焼けしたお肌にこまめにつけると、翌日にはほてりと赤みがとれた。
 ・冬場の乾燥防止で手足につける。
 ・霧吹きに入れ、ヘアスプレー代わりに。髪のパサツキがなくなりしっとり
  してきた。
 ・霧吹きにつめかえ、髪の毛にかける。抜け毛が少なくなり、産毛が生えて  きた。
 ・マッサージ用のクリームに屋久島の天然水を混ぜてマッサージ。
◎洗濯やお掃除に
 ・洗濯洗剤の代わりに。15分ほどつけてから洗濯機をまわすとよいです。
 ・こげついた鍋を、屋久島の天然水を少し混ぜたお湯にしばらくつけておく
  と、汚れが落ちやすくなる。
 ・吹き掃除に使うと、普段よりさっぱりした感じになる。
◎お料理に・・
 ・ボールに水を入れて、屋久島天然水をキャップ一杯程度 入れ、よく混ぜ
  ます。その中に野菜を15分程度つけておくと、甘みが増します。
 ・霧吹きに酵素水を入れておいて、お肉にかけ15分程度おきます。
  肉がやわらかくなり臭みが消えます。
 ・パンを焼くときに材料に加えると、ふっくらキメが細かくなります。
 ・野菜を蒸すとき、水に少し混ぜて蒸すと、野菜の甘みが増す。
◎消臭に
 ・水で半分に薄めたものを、スプレーの入れ物に入れ、玄関や部屋や車に
  おいてスプレーする。
 ・車で子供がはいたので、スプレーすると、匂いがとれた。
◎お風呂、足湯に
 ・入浴剤がわりにお風呂に入れると体があたたまり、のぼせ防止になりま
  す。洗面器にお湯をとって、50cc~60cc程度の屋久島の天然水を
  入れ、よく混ぜてからお風呂に戻すとよいです。冬の乾燥によるかゆみが
  少なくなる。
 ・屋久島の天然水、アロマオイル等を入れ、足湯するとむくみがとれ、すっ
  きりした気分になります。
 ・たらいに水を入れ、お酢と酵素水を入れて、足をつけると、水虫等の予防
  になります。
◎ペットや植物に
 ・ペットの飲み水に少し入れると、糞尿の匂いが少なくなります。
 ・水で100倍~1000倍に薄め、植物に葉面散布すると、植物がいきい
  きします。
◎うがい、はみがきに
 ・歯周炎の予防として、歯磨き粉のかわりに使用。口がさっぱりする。
 ・風邪予防のため、水に数滴入れてうがいをしている。
 ・歯を抜いた後、炎症予防で、水に数滴入れ口をゆすいでいる。
◎虫刺されに
 ・霧吹きに入れた屋久島の天然水をさっとかけます。かゆみが和らぎ、跡が
  残りにくくなる。
◎リフレッシュに
 ・水で10倍に薄め、霧吹きに入れ、部屋においている。帰宅したときや寝
  る前に洋服や部屋にかけると、よどんだ空気がさわやかになる。
 ・レストラン等で出された水にひと吹きすると、水の臭みがとれおいしくな
  ります。
 ・電車等にのって、空気がどんよりしているとき、顔にかけると気持ちよ
  い。
 ・市販の軟膏に少し混ぜて使うと、使いここちがよくなる。

ご注文はこちら

「マナ・屋久島の天然水」500ml 1260円
「屋久島の天然水」500ml 

解説その1
「天然水」と書いてありますが、屋久島の水をただボトリングしたわけではありません。
「千年万年の縄文杉」の育つ土壌からの、土壌菌を培養し、大自然のなかの酵素がギュッと入っています。
使い方は、多種多様。お気に入りの場所やお困りの場所に、コップ一杯、キャップ一杯、または霧吹きでシュシュ、原液よし、希釈してよし。直観のままにお試しください。
ご注文ページへ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional